脱毛と脱色の違い

自分の毛のタイプ別で選んでみよう

ムダ毛処理の方法としては、まずは毛根からしっかり処理していく脱毛があげられますし、毛根からの処理ではなく、肌表面に出ている毛を処理する方法としては除毛も便利です。 そしてその他でムダ毛を目立たなくする方法では脱色があげられます。



海外の女性はかなり毛深い人も多いですが、特別な脱毛などの処理をしていない方もまた少なくありません。 欧米の方は薄い茶色の毛髪や金髪などの薄い色の髪の毛をしている人が多いですが、そういった方はまた体毛の色も薄いものです。 そして体毛の色が薄いと毛が多くある場合でもムダ毛は目立たない傾向にあります。

それに対して日本人の場合はあまり毛が濃くない人の場合も体毛が黒いので、どうしても目立ってしまい、産毛であっても肌がくすんで見えてしまう原因となってしまいます。それゆえあまり毛が多くない人の場合も脱毛を行う人が多くなっています。

体毛の脱色方法ですが、市販の脱色剤を利用するのが便利なのでおすすめです。腕や脚やもちろん、背中などの脱毛が難しい部分も脱色すればかなり目立たなくすることができます。

脱毛のように毛根から処理しなくても良いので痛みはありませんが、薬剤はやはり肌には負担になりますので、できるだけ肌に優しい商品を選んでおきたいですし、その後の肌の手入れもしっかり行いましょう。

そして一度できれいに色が抜けない場合はしばらく期間を置いてまた行えばよりきれいに目立たなくすることができます。 どちらかというと毛が細く薄いタイプの人に向く方法で、毛が多い、太いタイプの方は脱毛のほうがきれいに処理が可能です。